★HOME
★TOP
★陶芸作品集
蕎麦打ち
津軽三味線
★陶芸日記
★蕎麦日記

★三味線日記(この頁)
・上妻宏光はやっぱ良い
・再び人差し指の腹
・吉田兄弟
・和太鼓の撥と三味線の撥
・人差し指の腹
・自作の駒
・しばらく休部です
・撥さばき(2)
・音に対する意識
・いろいろと先生に質問
・第67回舞台芸術講座
・テンポ
・耳
・撥さばき
・撥の持ち方(4)
・東林間阿波踊りに参戦…雨
・派手さを見せる指使い
・左指の使い方
  ―「押さえる場合」、「弾(はじ)く場合」

・三味線の稽古で両足捻挫
・スランプ?
・秋田荷方節概ね完成
・撥の持ち方(3)
・撥を通して糸の太さを感じる
・「ちりたら」と「たかつく」(2)
・秋田荷方節
・「ちりたら」と「たかつく」
・ちりたらの「ら」-その2
・ちりたらの「ら」
・撥の補修
・皮破れ防止策
・撥さばきと「間(ま)」
・撥の性能
・皮がゆるいと腕が痛くなる
・皮がブレーク(泣)
・微妙な間(ま)をとる工夫
・唄の稽古
・左手の動き(2)
・本場阿波踊りに参加(徳島)
・ちどり連「鳴り物」
・大和市阿波踊りに参戦
・消音器(Mute)
・本庄追分
・越中おわら節(4)
・越中おわら節(3)
・越中おわら節(2)
・越中おわら節
・安里屋ユンタ
・「歌う」ということ(ちあきなおみ)
・ひとかどの人上妻宏光
・糸(弦)のメンテ
・ポジションよりもメロディ優先?
・弥三郎節
・津軽願人節(がんにんぶし)
・音をずらして表情をつける
・左手の動き(音を追うように)
・撥の改造(2)
・国本武春の世界
・撥の改造(1)
・駒を交換してみました
・十三(とさ)の砂山
・ちりたら(2)
・左手薬指による弾(はじ)き
・撥さばき(2)
・間(ま)
・阿波踊り@東林間
・よしこの
・ちりたら
・南部俵積み歌
・振る、かき回す、当てる
・黒石よされ
・佐藤通弘ミニライブ
・撥の持ち方(2)
・撥の持ち方
・さわり(4)、撥さばき
・さわり(3)
・やはり基本だ。小撥(2)
・小撥(こばち)
・指擦り
・振る(ビブラート)
・細かい音符はゆっくりと
・物覚え
・皮を打つ
・さわり(2)
・音量とリズム
・撥と皮(糸)との関係
・稽古再開
・1の糸の耐用命数
・さわり
・前奏と太鼓
・思い込みが強い
・つぼ(3)
・津軽音頭
・豚も木に登る
・平常心
・ちりら
・三味線の撥とゴルフクラブ
・つ ぼ(2)
・つ ぼ
・えーふりこき
・拍子のカウント
・ポルタメント
・教育は時間だ
・恨み節なのか洒落なのか

★独り言
★最近読んだ本

ご意見ご感想をどうぞ